強瀬淨眞 画集

絵で見るヨハネの黙示録

ハードカバー:全80ページ カラー
新作の『ヨハネの黙示録』シリーズ11点、ミニアチュール12点、およびこれまでの代表作25点を掲載。
『ヨハネの黙示録』に関する「ヨハネ・ペヌエル リーディング」も、2件分集録しました。
すべて日英対訳つきです。

■内容
1章 絵で見る『ヨハネの黙示録』
2章 『ヨハネの黙示録』とは
3章 『ヨハネの黙示録』に関するリーディング
4章 強瀬淨眞の世界
5章 強瀬淨眞ギャラリー

中身見本をこちらでご覧いただけます。▶ Click!

販売価格:2,700円(本体価格:2500円 + 税)
お買い求めはメールフォームでお申し込みください。LinkIconClick!

ガレリア・グラフィカbis

東京都中央区銀座6-13-4 銀座S2ビル1階
地下鉄日比谷線「東銀座駅」A1出口3分
tel 03-5550-1335
http://gg-bis.com



強瀬淨眞
こわせ じょうしん
日本美術家連盟会員

ワークショップのご案内

3月9日(土) 横浜市磯子区杉田劇場
4月13日(土) 横浜市磯子区杉田劇場
参加費:2,700円 詳細はこちら▶︎


絵画サークル [淨眞会]
第1第3 火曜日 午前9時半から12時半まで



私が描く題材は、「聖書」の物語に由来したものが殆どを占めています。

2000年からは「聖母子」シリーズを10年に渡って発表。2011年から2013年に掛けては「ヨハネの黙示録」に取り組みました。そして、2014年より「創世記」に挑み始めたところです。

私はクリスチャンではありませんが、あえて「聖書」の物語に題材を求め続けて来たのは、第一に「それが好きだ」という単純な理由と、私の絵をきっかけにして「聖書」の物語に触れていただけたら、と思ったからです。

「聖書」は、けっしてクリスチャンや、研究者や、学者だけのものではありません。一般の方々でも普通に読んでみれば、興味を引く物語や美しい描写にたくさん出会えます。

宗教書としてではなく、どうか「物語」として触れてみてください。そうすれば、「聖書」の奥深さや言葉の美しさ、そして真理は一つだった、と気づくかも知れません。

私の絵を通じて「聖書」の世界に触れてみる。そんな手がかりになる一歩となれれば嬉しいです。珠玉の言葉とその描写に溢れた「聖書」、これからも私のライフワークとして描いていきたいです。


展覧会情報へのリンクです。